プロフィール

Author:加持顕
新潟在住の加持顕です。
新潟に関連した写真、不思議系の話題(写真も)はこちらのブログで紹介していくことにします。

妖怪研究家ヨシムラ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

アガルタからの便り-加持顕
新潟在住、加持顕(かじあきら)がお送りする何でもありのブログです。 新潟の自然、好きな音楽、不思議系のお話、某所から収集した海外の珍しい写真も併せてご紹介致します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庚申塔の石猿さん-新潟県聖籠町次第浜
<「妖界にいがた」公式マップ製作委員会>

仕事が忙しいのに気になって仕方無く、先週見つけ損ねた聖籠町の「石猿」さんを探す。

聖籠町次第浜-庚申塔01

・・・ようやく見つけました。場所は聖籠町次第浜、浜山バス停約200m程の所にある庚申塔の敷地内に沢山。

某参考図書によると、何体もの石猿さんが居られるとのことだったのでじっくり確認したかったのですが、丁度庚申塔の前で道路工事をしている関係で、実質3分程の滞在となってしまいました。

聖籠町次第浜-庚申塔02


こちらが今回、お目当ての石猿様です。股に手を入れて微笑む姿を拝見していると、和んで来ます。
WEB上には、詳しい説明を見つける事が出来なかったので、図書館で情報を調べてから、「アメカゴ.net」に掲載したいと思います。

●参考図書-越後・佐渡の石仏/石田 哲弥[新潟日報事業所刊]

●場所-聖籠町次第浜(浜山バス亭から約200m離れたカーブ)

拡大地図を表示

今日はここまで。なんかグーグル・マップの表示位置がずれますね。何故?

越後・佐渡の石仏
越後・佐渡の石仏石田 哲弥

新潟日報事業所 1998-10
売り上げランキング : 904941


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト

テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

湯沢観音公園-関川村湯沢地区
<「妖界にいがた」公認マップ製作委員会>
湯沢温泉近くの静かな高台に、33体の等身大の観音像がたたずんでいます。また、縁結びの松、子育て地蔵、相馬御風の歌碑など史跡も多く、湯上りの散策にぴったりです(関川村HPより)。

新潟県関川村の温泉郷の一つ、湯沢温泉近くにこの公園はあります。

湯沢観音公園1

こちらは公園の様子。

湯沢観音公園2

次は、湯沢観音公園にある井戸の由来を記した看板。

湯沢観音公園3

最後は関川村観光協会作成パンフレット表紙の観音様。ただ一体、石像ではありませんね。

●付近の地図です。

拡大地図を表示

国道290号先を山形方面に向かい、道の駅「関川」を過ぎ、上関のT字路を左に曲がります。
荒川に架かる温泉橋を通り、突き当たりのT字路をこれまた左に曲がります。
高瀬入口で、右にある急な坂道を登りきったところに「湯沢観音公園」があります(トイレ・駐車場あり)。

<付近の目印>
湯沢温泉
湯沢温泉共同浴場

帰りに共同浴場に入るのもよいでしょう。あと近くの高瀬温泉内にある、中村屋さんの「きんつば」は絶品!お土産に最適です。是非一度ご賞味下さいませ。


テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

胎内観音・童女石拝観☆新潟県胎内市☆
<「妖界にいがた」公認マップ製作委員会>
『アメカゴ.net』内のコミュニティ、「妖界にいがた」の活動の一環として、新潟県胎内市(旧黒川村)にある、胎内観音へ参拝して参りました。

童女石1-新潟県胎内市

今回の目的は、山門横のお堂に祀られる「童女石」を拝観するためです。写真をご覧になって分かるように、石に童女の顔らしきものが浮かび上がっております。

童女石2-新潟県胎内市

こちらは、お堂内の写真です。横にお顔の位置が分かるようにイラストがついております。

童女石3-新潟県胎内市

この石は、40年前に起こった羽越水害の後、胎内観音付近?の河原で発見されたものだそうです。
その為、これは水害で犠牲になった童女のお顔ではないか、ということで水害の犠牲者追悼を目的で建立された胎内観音に祀られているそうです。

☆なお拝観する際は、犠牲者への慰霊の心を忘れずに行きましょう。


拡大地図を表示

<胎内観音へ行く際のの目印>
☆まずは北陸・道の駅【胎内】を目指しましょう。

住所:新潟県胎内市下赤谷387(旧:黒川村)

<付近の施設>
☆多目的温泉保養館「クアハウスたいない」
☆「黒川村文化伝習館」


<付記(撮影秘話)>
今回は撮影のため、携帯電話の他、知人からデジカメを借りて行って参りました。
ここに掲載した写真は「デジカメ」のものなのですが、撮影時、電源を入れてもすぐ切れるという現象が。しかも続けて3回程。4回目にようやく撮影出来ましたが・・・。
今、写真を見ると慌てていたせいか、画面が斜めになってますね。

・・・まあよくある話ですが、自分の身に降りかかるとなると、やはり怖いものです。
撮影前のお参りが足りなかったかもしれないと反省しております。


という事で、掲載した写真、差障りの無いものを選んだつもりですが、万が一、差し障った場合は即刻、ブログから削除します、悪しからず。


テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

☆妖怪(妖界)関連のリンク追加
菅谷不動尊-新潟県新発田市


写真は新潟県新発田市にある菅谷寺(かんこくじ)、通称:菅谷不動尊にある滝に祀られる、お不動さんです。ここは八百年前に源頼朝の叔父、君護念上人が創建されたところだとか。


☆新潟地域限定SNS「アメカゴ.net」のコミュニティ「妖界にいがた」に投稿して思い出したので、妖怪関係のリンクを追加します。

いちいち参考サイト探すのも面倒になってきたので・・・。


<追加>
グーグル・マップが始めた「新サービス」を利用して、「菅谷不動尊」の地図を掲載しておきます・・・って、「菅谷不動尊」が載ってない(絶句)。
地図上の角米沢屋旅館の上あたりに、「菅谷不動尊」はあります。


拡大地図を表示

「日本三大不動尊」でも、公式ホームページが無いと、こんな扱いになるのかなあ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

『妖怪馬鹿-化け物を語り尽せり京の夜』 → 『アメカゴ.net』
・・・昨日、新潟県の北部、胎内市(旧中条町)のブック・オフでつい、こんな本を買ってしまいました。

妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜
妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜京極 夏彦 村上 健司 多田 克己

新潮社 2001-02
売り上げランキング : 159943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
京極夏彦対談集 妖怪大談義 桃山人夜話―絵本百物語 (角川ソフィア文庫) 鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア) 百鬼解読 (講談社文庫) 覘き小平次 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)


理由は、あの京極夏彦氏描く処の「パロディ漫画」があまりに馬鹿馬鹿しかったから。しかも、うまいし。

てな訳で、時の経つのも忘れ読みふけってしまいました。

そんな妖怪漬けの状態で翌日、入会依頼をしていた『新潟地域限定SNS-アメカゴ.net』からご紹介メールが来ておりまして。

生まれて始めてのSNS(本当)、簡単な設定を済ませて登録済みのコミュニティを眺めると、『妖界にいがた』なる文字が・・・ええ、速攻で参加しましたとも(~~)。

●アメガゴ.net [新潟日報主催の地域限定SNS]
http://www.amekago.net/

・・・なんか、「新潟の妖怪達」に呼ばれたような気がします。はい。
妖怪達がまだ棲息していそうな場所いっぱいの新潟。良いとこよ(一応フォロー)。



<付記>
 今日の朝は、何気に青森県新郷村にある「例の場所」を撮影した写真眺めてました。
 何処かって?えー新郷村の観光として堂々と掲載している「あの場所」です。
 写真はあとでご紹介するので、あえて、何処かは書きません。気になる方は↓へ。

●青森県新郷村HP
http://www.net.pref.aomori.jp/shingo/


テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

かわいい?妖怪漫画 - もっけ(2)-熊倉隆敏
加持です。本格妖怪漫画「もっけ」の各話紹介、第2回目です。なお、詳細はまだ発表されていないようですが、「アニメ化」が進行中らしいです。
また2巻の「帯」には、「帝都物語」の作者・荒俣宏氏の推薦文?が掲載されております。


★2003年に発売された第2巻は、アフタヌーン・シーズン増刊の2002年第10号~第14号、アフタヌーン2003年3月号に掲載されたエピソードを収録しております。

もっけ(2)/熊倉隆敏
もっけ(勿怪) 2 (2) (アフタヌーンKC)
もっけ(勿怪) 2 (2) (アフタヌーンKC)熊倉 隆敏

おすすめ平均
starsあっと感じたこと
stars諺と季節感と物の怪の漫画
starsこれは良いものだあ・・
starsさらに馴染みやすく
stars身近な存在の「勿怪」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★第2巻に収録されたエピソード(概要)は、次の通りです。

#7 モクリコクリ → 蒙古高句麗(むくりこくり)

風邪を引きかけている檜原静流(ひばらしずる)が、通学途中の神社の鳥居の上に見つけた「もっけ」。探し物をしている「彼」から、「力を貸してもらえないか」と言われた静流は・・・・。

お話の後半、「ある」事をするために集まった「もっけ」達が登場します。


[READ MORE...]

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

神秘的なナスカの地上絵★南米ペルー★
加持です。今日は朝から熱帯地域のスコールのような雨が降り注いでおります。

本題に入る前に、15日に発生した『ペルー沖地震(M8.0!)』で亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方々が、早く立ち直ることを願っております。

新潟も、『中越沖地震』が発生したばかりですから・・・。


さて、今日は私が知人から入手した、南米ペルーの『ナスカの地上絵』を何枚かご紹介致します。

ナスカの地上絵-ハチドリ

1枚目は、『ハチドリ(Humming Bird)』で、全長約80mだそうです。



[READ MORE...]

テーマ:画像・動画 - ジャンル:サブカル

本格妖怪漫画の各話紹介 - もっけ(1)-熊倉隆敏
★2002年に発売された第1巻は、アフタヌーン・シーズン増刊の2000年第4号、第5号、2001年の第6号~9号に掲載されたエピソードを6話収録しております。

もっけ(1)/熊倉隆敏
もっけ―勿怪 (1)
もっけ―勿怪 (1)熊倉 隆敏

おすすめ平均
starsお勧めです。
starsほのぼの妖怪物語。
stars分かりやすい。
stars物の怪は怖いだけじゃないんです・・・
starsひさしぶりに『あたり』を見つけました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★なお各エピソード(概要)は、次の通りです。


#1 ウバリオン(通称:おんぶおばけ)

妹の瑞生(みずき)が「よく叶う」と聞いた神社にお参りした帰り、ある「もっけ」に憑かれてしまいます。背中に憑いた、歩けなくなる程重い「もっけ」。

思春期を迎えた妹・瑞生の淡い恋心と、「もっけ」を見た姉・静流の思いとは・・・・。


#2 オクリモノ

姉・静流の友達・亜季には、出来の良い受験生の兄がいました。
ある出来事を境に、成績不振に思い悩む兄の後ろをつけて来る「もっけ」とは・・・・。

遂に『拝み屋家業』も営むお爺ちゃんが登場します。
柳田國男氏の著作『妖怪談義』からの引用、「もっけ」との付き合い方のレクチャー、「もっけ」のお祓い方法など妖怪好きにはたまらない?展開を見せてくれる回です。


#3 ナガレイズナ

妹・瑞生がお稲荷さんを訪れた際に憑いた「もっけ」。
「もっけ」の持つ便利な力を学校で使う内、少々天狗になってしまった瑞生に起こる出来事とは・・・。


[READ MORE...]

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

絵柄は可愛いけど、実は本格的な妖怪漫画・・・もっけ - 熊倉隆敏(講談社)
日本の妖怪モノと言えば、水木しげる翁の人気漫画『鬼太郎シリーズ』、最近では京極夏彦さんの「京極堂シリーズ(講談社!)」などが有名ですね。

そんな2強?妖怪関連創作市場にひっそりと登場した漫画が、今回ご紹介する『もっけ(講談社)』です。
結構地味(内容はしっかりしてる)な漫画なのですが、なんとアニメ化が決定したようです。

また第1巻の帯には、『妖怪研究家・多田克己氏、激賞!!』の文字が踊っています。
そしてその上には多田氏の言葉、『これは空想漫画(ファンタジー)ではない、本格妖怪漫画(ファントム)だ』が大きく書かれています・・・・。

もっけ(1-6)/熊倉隆敏
もっけ―勿怪 (1)もっけ―勿怪 (1)
熊倉 隆敏

もっけ(勿怪) 2 (2) (アフタヌーンKC) もっけ(勿怪) 3 (3) (アフタヌーンKC) もっけ(勿怪) 4 (4) (アフタヌーンKC) もっけ (5) もっけ (6)

by G-Tools



[READ MORE...]

テーマ:妖怪 - ジャンル:サブカル

新ブログ始めます。
マチュピチュの遺跡

みなさん、こんにちわ。新潟在住の加持顕(かじあきら)です。

★写真は某所から入手した、ぺルーの「マチュピチュの遺跡」です。

このブログは、しばらく封印していたサブカル・不思議系の話題を中心に、新潟の自然・話題や、某所から入手した『秘境巡りの旅』写真などを紹介して行きたいと思っております。

なお都合により方針が変わった場合、タイトルを変える予定です。
またカテゴリをいくつか登録しましたが、どこがメインになるかはまだ決めてません。

当分は「新潟の自然・食物」、「秘境写真」、「漫画・SF」の3つの記事をメインテーマにして進める予定です。
なお勢いで始めたブログですので、いつのまにか異次元に消失するかも・・・・。


★なおタイトルはジャズ界の帝王(故人)、マイルス・デイビス(Miles Davis)の一時引退直後の1975年、日本の大阪フェスティバルホールで行なわれたライブ盤「Agharta(Columbia)」からです。

それでは、次回まで。


テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。